カーポート

工事費含んで、

¥158,000(5052×2400×標準)

※消費税別の現金価格

カーポート

メーカー各種、サイズ各種、カラー各種有

使用材料例:YKK/レイナポートグラン/HCS-R/51-24

三協アルミホームページ

ご相談フリーダイヤル

オプション工事.COMの施工例 ※クリックで拡大

CIMG0514
CIMG0475

CIMG0476

 

一生ものの家に仕上げるステップ

新築オプション・カーポート工事

オプション工事って高い、そんなイメージが変わります!

カーポート設置

家族でのお出掛け、ママの買い物、子供の送り迎えなど、便利で大事な愛車。
一戸建てのお宅では、駐車スペースである「カーポートやガレージ」をプランニングすることが一般的となっていますね。

カーポートがあれば、車はもちろんのこと、空間を多目的に使えるようになります。
自転車、お子さんの三輪車などの駐輪場、ちょっとした憩いのスペースづくりにも。
たとえば現在はマイカーのない家でも、将来購入するケースもありますし、また、親族や友人など車での来客があった時のために、便利にサッと使える駐車スペースを確保しておきたい場合も多いのではないでしょうか。

「カーポートがあって良かった!」

カーポートのメリットは?
車に屋根があるとないとでは大きな差が出る?

車にとっての専用スペース、そして屋根があることによって、どのような便利な面があるのでしょうか?

室内から車内への移動が一瞬でおこなえる

洗車や窓ふきなどをおこなう際、天候を気にしなくてよい

洗車したばかりの車がすぐ雨に降られて汚れることがない

雨の日の買い物帰り→荷物を玄関まで運ぶ際に一切濡れない

梅雨時など、ちょっとした臨時の洗濯物干しスペースにもなる

ワンちゃんなど、ペットが散歩できないとき雨天時の遊び場としても活躍!

「車まですぐそこなのに傘…」

雨の日の乗り降りで濡れない!

__ 4

屋根がない場合には、乗り降りの際に雨が降っていると、すぐ近くの車との行き来にいちいち傘をさす必要があります。
玄関と駐車スペースが隣接している場合には、カーポートをかぶせるように取り付けることで、玄関⇔車までが直結状態に。
エントランスにカーポートがあれば、車のドアから玄関まで濡れることもありません。

■直射日光から車を守る!

真夏の急激な車内温度上昇を防ぐ

夏のマイカーにはご用心!
夏場に車を炎天下に置いてある場合、室内温度はグングンと上昇します。
ジリジリと太陽が照りつけることにより、車内はサウナ状態に。
ドアの取っ手やハンドル、シートベルトの金具などが触れないほど熱くなります。
数時間経つと車内温度は50℃台にまで上がってしまうことも!
取り急ぎの対策としてサンシェードなどの日除けカバーをしても、やはり温度はかなり上がってしまいます。
熱遮断タイプを選んでいただくと、さらに効果がUPします。車内温度が上がりすぎるのを抑えるためにも、カーポートが活躍します。

車の劣化を防ぐ

images

車の劣化には、さまざまな要因があります。
太陽熱による車へのダメージはじわじわと蓄積していき、例えば、炎天下では塗装面の色褪せが起こり、内装は設備や装飾、素材などさまざまなものが劣化してしまいます。
なんと、真夏のダッシュボードは70℃を越えてしまうことも!
ダッシュボード内部、カーナビやカーステレオなどの電子機器にも悪影響をおよぼします。

カーポートを設置すれば、屋根があることで直射日光を防いでくれます。
大切な愛車をギラギラの太陽光から守りましょう。

■車に雪を積もらせない!

寒い冬の季節、雪が降る降雪地帯では、毎朝車に積もった雪や降りてしまった霜との格闘がありますが、屋根が付いているだけで解決!忙しい朝の時間に煩わされることもありません。

積雪対応のカーポートを

雪や台風が多いエリアでは、
・前もって屋根の補強や補助柱を付けておく
・積雪量から選べる積雪対応タイプのカーポートを選ぶ
安全面からも、このような対策を考えたいところです。

■さまざまに使えるカーポート

カーポート=サイクルポートにも!

身近で便利な移動手段と言えば、近年またブームにもなっている自転車。
燃料要らずで手軽な自転車は、1人1台所有している家も少なくありません。
多くの人にとって通勤通学にもスーパーへ行くのにも欠かせない日常生活のお伴でもありますね。
地球に優しい「エコ乗り物」として再注目され、大人達の便利乗り物としてちょっとした人気アイテムにもなっています。

しかしながら、一戸建てでうっかり忘れられがちなのが「自転車置き場」のプラン。
例えばノーマルタイプで1台程度の所有なら、少しのスペースがあれば置いておくことは可能ですが、ファミリーであれば複数台所有されるケースが多く、これらの置き場所、そして自転車にもやはり屋根が必要です。

たかが自転車とは呼べないものも

g

最近ではタウン用でもファッション性やデザインを重視した自転車や、便利で疲れない電動自転車に乗る人も多くなりました。
自転車も消耗品ですので、直射日光や雨風を防ぐことで持ちに大きな差が出てきます。
もちろん、おしゃれであればあるほど「美しさを保つ」ことがその自転車の魅力を活かし続けることであるのは、自動車となんら変わりないと言えるでしょう。

例えば「今は自転車に乗らないし所有もしていない」といった家庭でも、お子さんの成長、職場の場所などライフスタイルは変化していきますので、将来、自転車がマイホームにどんどん増えていく可能性も考えられます。駐車スペースの場所やカーポートのサイズは、未来の暮らしを予想しながら大きめに設定しておくのがおすすめです。

余裕を持ったサイズのカーポートを設置すれば、車+自転車置き場を兼ねることもできますし、また、独立した自転車専用のスペース(サイクルポート)を作ることもできます。
スペースの状態から便利に選びたいですね。

サイクルポートはこちら

■いろんなものが飛んでくる?

風の強い日、ゴミや葉っぱ、さまざまなものが空中を舞い、家や車に向かって飛んできます。
さらには、特に気になるのがイヤーな気分になる鳥のフン。見つける度にゲンナリと憂鬱になりますね。
窓やフロントガラス、ボディーと大事な車でも容赦がありません。拭いてもなかなかスッキリとはきれいにならず、処理するのも大変です。
屋根があれば飛来物から車を守ります。

 

カーポートの選び方

■駐車スペースの場所

車を停める場所と玄関の配置。
外構の位置関係にもよりますが、この距離はできる限り最短となるよう考えたいところです。
玄関から車への乗り降りがラクにおこなえると、
・スーパーや百貨店の買い物袋や荷物の積み降ろしが一瞬
・寒いときも上着なしで家の中へスピーディに移動
・ベビーカーや車椅子がある場合にも移動がスムーズ
・子供を乗降させる時にも天気を気にしなくてよい
このように、身体への負担も減り時短へも繋がります。

■カーポートの大きさは?

カーポートは、所有している車の大きさ、所有台数、駐車スペースや敷地面積に応じてじっくりと検討しながら選びます。
各メーカーにてカーポートのサイズが取り揃えられていますので、色々なバリエーションの中から選択が可能となっています。
また、床面は土間コンクリートで仕上げるのが一般的となっています。

土間コンクリートはこちら

十分な余裕を持った広さで選ぶ

車サイズは車幅・車高・奥行きを測ります。
車体の大きさを基本に、移動の際の動作やそれによる行動範囲の広さを考えましょう。
車の出し入れ、ドアの開閉、ベビーカーや車椅子がある場合はそれらの積み下ろしもあります。
自転車や三輪車を置く、植木を置くなど空間の使用用途も見据えながら、最適なサイズのものを選びましょう。

車ボディーの種類

カーポート幅は、おもに1~3台用のタイプから選ぶことができます。
車の種類には、軽自動車・コンパクトカー・ハイブリッド車・スポーツカー・セダン・SUV・ミニバン(ワンボックスカー)・トラック・バンなどがあり、それぞれ大きさが違ってきます。
将来的に車を買い換える、台数が増えることも予想されますので、生活環境の変化も予想しながら考えたいですね。

■支柱の主なタイプは?

カーポートには、屋根を支える柱部分(支柱)があり、一戸建ての駐車スペースの形態により、柱のスタイルや最適なデザインを選びます。

・片足支柱(片流れ、片側)
標準的な一戸建てカーポートにて取り入れられている、もっともベーシックかつポピュラーなタイプ。
比較的リーズナブルとなり、屋根に対し片側にある支柱で支えます。
一方の面がオープンとなるため、広々としたスペースを確保でき、車入れもスムーズです。


・両足支柱(両側支持)
屋根に対し、おもに4本の両側の柱(各コーナー地点)で屋根を支えます。
駐車に対する車の動き方の自由度は減りますが、両方の足で屋根を支えるため、より安定感があります。


駐車方法(方向)のチェック

家に対する駐車スペースの方向により、片足か両足かを検討します。
・道路に対し直角(A・B)
・道路に対し平行→縦列(A)
・道路に対し斜め(A・B)
車庫入れは、バックや切り返しなど、車の大きさに対してさらにワイドな空間を必要とする動き方、移動をします。駐車してからの動き(ドアやトランク開閉、荷物の出し入れ)も考え、スペースが許すかぎりかなりの余裕を持たせたいですね。

その他の支柱やスタイルとしては、 
・後柱(後ろ柱)型:支柱を後ろ側、背面に配置してサイド・フロントがフリーになった形
・延長型:通常より奥行きを長めに取り、車+自転車や物置など、プラス空間を作ります。
・2台ワイド型、3台ワイド型:横幅空間を広めに取り、並べて駐車も可能に。
・2台Y合掌型:支柱をセンターに設置し、片足タイプを左右対象に連結
・2台M合掌型:支柱を外側に設置し、片足タイプを左右対象に連結
・縦連結型;縦長のスペースを活かして2台並べて駐車するタイプ。車+駐輪場としても。
などがあります。

空間をぎゅうぎゅう詰めにしない

ガレージなどで、ジャストサイズの空間にきっちり納められた車を見かけることがあると思います。
左右の隙間がほとんどないような、驚きの運転技術でパーキングされている時もあります。
そのようなぴっちりとした駐車には、かなりの高度な運転技術が必要となります。

広さに余裕のない駐車スペースでは、奥さんが買い物で出し入れする際や、友人が車で遊びに来た際など「決まった人以外には車庫入れができない」といった、気軽に使用できない場所となってしまうことも多々ありますので、注意したいところです。

使う家族それぞれが車をスムーズに出し入れすることが最優先ですので、道路と車を停める敷地との位置関係、外構をしっかりとプランニングし、
・支柱がパーキングの邪魔をしないもの
・余裕を持って駐車をおこなえるもの
・乗り降りしやすいスペースづくり
などを考えながら、最適なデザインやモデルを選びます。

カーポートを使う可能性のある人のだれもが「使い勝手がよい」と感じられるようなスタイルで選ぶのがよいでしょう。

■屋根高

縦空間を確保するため、車の種類で屋根の高さを選びます。

標準ルーフ(標準柱)

(有効高) 約1,800~2,300
車高が低~普通タイプに。屋根が低い分雨風の吹き込みが少なくなります。

ハイルーフ(ロング柱・ハイロング柱)

(有効高) 約2,250~3,000
車高が高めのタイプに。大型車も余裕を持って駐車が可能に。作業スペースや物干し場として多目的に対応します。

※有効高は各メーカーの仕様により異なります。

 

~長く安全にお使いいただくために~

カーポートは駐車スペースの設備として外構・エクステリアへの設置を行うものです。
毎日の仕様に耐えうるしっかりとした施工をおこなえる、信頼できるオプション工事の業者に依頼しましょう!

オプション工事.comなら「カーポート」の施工がスムーズ!
オプション工事.comはお客様の満足が第一!家づくりでの丁寧な仕事にとことんこだわり、ハイクオリティな施工をお約束します。
長く快適に使用していただくため、技術に自信のある職人が新しいお宅へおうかがいし、真心込めて作業をおこないます。どうぞ安心して私共にお任せください。

「愛車を守るにはカーポート!」
オプション工事.comにおまかせください!

安心の工事費込み料金!
サイズ:5052×2400×標準高さの場合

¥158,000(税別)

YKK・三協アルミ・リクシル(トステム)などカーポートの各種メーカーに対応!
・カーポートの大きさ、色、デザインが選べる!

各メーカーのさまざまなサイズ、カラーバリエーションにて対応&施工致します。
新居にぴったりとマッチしたものをお選びください。

———————————————————————-
設置メーカー例
YKKレイナポートグラン
・強風に耐える耐久性
・太陽光、熱による素材の変形を抑える
・デザイン・機能面・品質がグッドバランス
 
カラー4種:ブラウン・カームブラック・プラチナステン・ホワイト
サイズ:1台用~3台以上用
———————————————————————-

【駐車スペースにおすすめ!】
駐車スペースの土間コンクリートはこちら
サイクルポート(自転車置き場)はこちら

 

カーポートのギモンQ&A

オプション工事.COMで「わからない」をクリア!

カーポートについて、聞いてみたい質問やギモンはありませんか?

「駐車用に使えるスペースが変形型なので、カーポートを取り付けられるのか心配…」

「台風が多く雪も降るので、とにかく頑丈で長持ちするタイプを選んでほしい」

「車、バイク、自転車などをまとめて停められるようなカーポートがほしい」

「エクステリアの設備についていろいろ聞いてみたい」

「早めに来てもらいたいのだけど、いつぐらいが可能?」

多くの種類が揃うカーポートに関して、どうぞお気軽に下記までお電話ください!
小さなギモン、大きなクエスチョン、なんでもお問い合わせください!

カーポートって標準装備ではないの?

住宅ビルダー別・標準装備例(カーポート)のケースを見てみましょう。
新築一戸建ての外構には、カーポートが「標準装備」では施工されていません。
新築住宅ではほとんどの場合が「オプション扱い」となっていますが、マイホームで愛車をお持ちの場合には、長く美しく維持するためにもカーポートの設置をおすすめします。

ビルダー名
カーポート設備
飯田産業
オプション
東栄住宅
オプション
一建設
オプション
アーネストワン
オプション
タクトホーム
オプション
アイディーホーム
オプション

例えば、飯田産業、東栄住宅、一建設、アーネストワン、タクトホーム、アイディーホームなど、これらすべての会社にて「カーポート」は標準装備ではなく「オプション」となっています。

住宅設備や施工がオプションかどうか把握しづらい場合も多くなっていますので、新しい家で必要な装備状況について、カーポートはじめその他欲しい設備に関しても、ご依頼される住宅会社や設備業者にご確認ください。

 

オプション工事.COMの工事にいただいた「お客様の声」

◎お客様から私どもにいただきましたメッセージの一例です

新築と同時に新車を購入し、車を守れるようにカーポートをお願いしたところ、素早い工事で大変助かりました。外壁に合わせて選んだ色もぴったりでうれしいです。(東京都・Iファミリー様)

夏場に車に乗り込む時の暑さが苦痛でカーポートを設置しました。値段は高くなりましたが熱遮断タイプを選んだところ、車内温度の上がり方がまったく違う!この夏は今までより本当にラクになりました。(埼玉県・T様)

車2台分の広いタイプのカーポートと玄関脇にサイクルポートを取り付けてもらいました。仕事や外出で家族中の出入りが多いのですが、定位置が出来て見た目もスッキリし、車も自転車もそれぞれに出し入れしやすくなったと思います。(東京都・Eファミリー様)

 

ご相談フリーダイヤル

 

見積もりのための採寸とか自分でしないとダメ?

当店のプロフェッショナルがお客様の新居に実際にお伺いし、サッシ確認も含め現地調査させていただきますのでご安心ください!

見積もりもその場でお出ししますので、どうぞじっくりとご確認ください。オプション工事のプロが、お客様の「不安」「わからない」にお答えします。

◎オプション工事.COMなら現地調査・見積もり無料!
交通費発生エリアがございます。
◎見積もり後にお断りされた場合にも、費用は一切いただきません!

オプション工事に関してのあらゆるギモンなど、安心してご相談ください。

比べてわかる、オプション工事.COMの安心・納得価格

サイズ:5052×2400×標準高さの場合

¥158,000(税別)

YKK・三協アルミ・リクシル(トステム)などカーポートの各種メーカーに対応!
・カーポートの大きさ、色、デザインをお選びいただけます。

各メーカーのさまざまなサイズ、カラーバリエーションにて対応&施工致します。
新居にぴったりとマッチしたものをお選びください。

この価格、どうぞ他店と比べてみてください。
お客様に喜んでいただけるよう、限界価格でご提供しています。
オプション工事.comが格安な理由

オプション工事.COMの施工エリアは、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県(一部を除く)となっております。
また、施工エリア内でも、交通費発生エリアがございます。

見積もりの流れは?

現地調査をご依頼いただいた場合、お伺いした当日にその場でお見積もりいたします。
いろいろな不安やギモンもどんどんおたずねください!
「お客様の納得・満足」になによりこだわっている私達だからこそ、オプション工事に関するさまざまなハテナに明確にお答えいたします。
お申し込みまでの流れはこちら

お出しした見積もりとともに、ご家族でゆっくりご検討ください。
新たな疑問点なども出てくるかも知れません。ぜひ何度でもおたずねください。
当店にご依頼いただける場合は、とことんまで全力で取り組ませていただきます!
どうぞお電話やメールにてお申し付けください。

オプション工事.だからできる安心保証
お客様の満足を第一に考えます。

「価格もシステムも魅力的で依頼したいけど、保証が心配」
「施工不良があった場合、どうなるのかしら」
そんな不安にも、オプション工事.COMなら問題なくお応えします!

安心して工事を依頼していただくために

業界初!
今まで不可能だった「3年保証」をお付けします!

通常の1年メーカー保証プラス、施工不良をも保証します。
―施工不良による保証・3年間―
※天災などの不可抗力および、お客様の過失については保証対象外となります。

どうしてオプション工事.COMだけこんなにサービス満点なの?

・当店はオプション工事の専門店として、この世界のプロのみで運営しています。
・徹底的した厳しい管理システム、熟練の職人技、施工へのノークレームが当店の自慢です。
・「ビフォーもアフターも大事に」お客様の満足が何よりのモットーです。
・100%当社の自社施工だからできる工事クオリティ・保証を誇っております。
・とことんまでムダを省き儲けを減らし、お客様の期待にお応えする「グッドプライス」を実現しています!
オプション工事.comの施工品質が良い理由

 

ご依頼までの流れ

当店のホームページにて情報をチェック!
・「特にわからない」「もっとここが知りたい」そんな点はぜひメモしておいてください!
・イチから100までお答えするのがオプション工事.COMのこだわりです!

現地調査・見積もりの依頼

かんたん現地調査依頼フォーム からお申し込み
・専門の担当者よりご連絡さしあげます。
・現地調査のご希望日程をご相談。

◎ご契約前にお断りいただいた場合にも、一切の費用はかかりません
土日はお休みの方が多いため、当店の予約スケジュールが特に早く埋まってしまいます。
お客様のご都合の良い時間にお伺いするために、できるだけ早めにご相談くださいませ。

現地調査・お見積もり(無料です)

・当店の「オプション工事のプロフェッショナル」専門担当者が新居にお伺いします。
・取付や設置などオプション工事に必要なパンフレットを持参します。
・新居の図面をご準備ください。
・オプション工事の取付・設置場所、施工内容の確認
・ご要望、ご質問など「知りたい」「わからない」を現地にてお気軽におたずねください。
・引き渡し前の場合、仲介業者様の立ち会いおよび解錠手続きが必要となります。
・当日現地調査にてお見積もりいたします。
・オプション工事の「安心」プラン内容をじっくりご確認ください。

ご契約・ご新居への施工

・工事日の確定
・ご発注いただけました場合、予定通り迅速に着手いたします。
・発注~工事完了まで約2週間が目安となります。
・お引越し予定に間に合うよう、余裕を持った前もってのご依頼をおすすめいたします。

お支払い、領収書発行

・安心の「領収書兼施工保証書」を発行いたします。
・銀行振り込み・現金決済・クレジットカードにてお支払いいただけます。

ぜひ一度、オプション工事.COMへお気軽にご相談ください!
かんたん現地調査依頼フォーム

オプション工事.COMの施工エリア
東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県(一部を除く)
上記エリア内での交通費発生エリアはこちら

実際のお客様の声はこちら
お申し込みまでの流れを確認する
オプション工事.comが格安な理由はこちら
オプション工事.comの施工品質が良い理由はこちら

ご相談フリーダイヤル